ソーシャルイノベーション・ハブ(SIH)について

ソーシャルイノベーション・ハブとは

山積する社会課題を解決するには、国やセクター(行政、企業、NPO等団体、研究機関、その他)の垣根を越えて協働し、互いのアイデアやリソースを持ち寄り、新しい発想とネットワークによる、既存の枠組みに囚われないソーシャルイノベーション*が必要です。ソーシャルイノベーション・ハブは、国やセクターをつなぐ新しい発想とネットワークによるソーシャルイノベーションの実践を通じて、山積する社会課題の解決(例えば、医療や福祉・介護、健康、離島対策、災害対策等)に寄与することを活動の目的としています。

*ソーシャルイノベーション:「社会問題を解決するための技術革新やビジネスモデルの変革」であり、その実現により多様な社会課題を永続的に解決することを指しています。

なぜソーシャルイノベーションなのか?

第一に、これまで社会課題解決を担っていた行政・民間企業・NPOなどの団体によるそれぞれ単独での活動が限界を迎えていることが挙げられます。世界規模で見れば、人口は増大する一方で取り残された社会課題も日増しに増えてきています。特に格差社会の問題は世界中で起こっており、その対応が急務となっています。国や地域によって格差社会の原因は異なる部分もありますが、多くの場合は所得格差や経済格差が根幹にあり、そこから教育や医療、介護、医療などいくつもの格差につながっています。

第二に、国連サミットで採択されたSDGsに示されている通り、『循環型社会』の実現が目指されていることが挙げられます。21世紀に入った世界は、従来の大量生産・大量消費の世界から、再利用・再生可能エネルギーを活用する時代に入りました。しかし環境と経済の両立のバランスは難しさを増しています。ソーシャルイノベーションによって、社会・環境の発展と経済的持続性の両立を実現したうえで、永続的循環を目指していく必要があります。

一般社団法人ソーシャルイノベーション・ハブ
代表理事  中原 信一郎

SIH概要

団体名一般社団法人ソーシャルイノベーション・ハブ
代表理事中原 信一郎
所在地〒136-0082 東京都江東区新木場1-9-10
連絡先contact★si-h.or.jp
(★部分を@にしてください)
WEBサイトhttps://si-h.or.jp/

当団体の代表理事である中原信一郎が、「覚悟の瞬間(とき)」というドキュメンタリー番組に取り上げられました!

是非ともご覧いただければ幸いです。